メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

「周縁」の豊かな可能性=住友文彦

 地域の伝統文化が美術に与える影響は非西洋圏では無視できない。アジアの文化施設や教育機関が西洋文化を規範に成立させた「モダニズム」とは別に、各地域の伝統的な表現が解放のための運動となるとき、それを担ったのはもっと幅広い階層に属する者たちだ。制度の外から社会に働きかける、そうした表現活動をアジアで目にすることは少なくない。

 具体的には例えば日本の民芸運動や木版画の運動が挙げられ、ヨーロッパの神秘主義やアーツアンドクラフツ…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1054文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです