メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和を問う

衆院選2017/下 瀬戸際の憲法9条 語られない有事リスク

就労支援施設の利用者らと談笑する上野さん=熊本市中央区新大江で2017年10月6日、比嘉洋撮影

 色とりどりの弁当が並び、利用者の笑みがこぼれる。精神障害者ら約30人がパウンドケーキを製造販売する熊本市の就労支援施設「ワークセンターやまびこ」のランチタイム。上野修一理事長(82)は無邪気に昼食をほおばる利用者らの姿に目を細めたが、不安も口にした。「有事になれば『役に立たない』と真っ先に差別されるのは障害者だ」

 昨年4月の熊本地震では「有事」の一端が垣間見えた。地震後、障害者のいる家族を訪ね回ると、家財道具が…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです