移動図書館船

瀬戸の島に本 「文化船ひまわり」の保存を

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ペンキが塗り直された「文化船ひまわり」=広島県尾道市で、倉田陶子撮影
ペンキが塗り直された「文化船ひまわり」=広島県尾道市で、倉田陶子撮影

広島・尾道市の有志らが活動

 国内唯一の移動図書館船として1960~80年代、瀬戸内海の島々を巡り島民に愛された「文化船ひまわり」の船体を永久保存しようと、広島県尾道市の有志らが活動している。中心メンバーの児童文学作家、林原玉枝さん(69)は「存在を忘れられ、一度は壊されそうになった船の文化的価値を多くの人に見直してほしい」と話している。

 広島県内では50年代から移動図書館車が普及し、県民から喜びの声が上がる中、島しょ部からも「本を届けてほしい」という要望が高まっていった。県立図書館はこれを受け、62年4月に木造船のひまわり(約20トン、全長約14メートル、幅約3.7メートル)を就航させた。現在の副館長、植田佳宏さん(56)は「戦争をなくすためには外国を含め多様な文化を知ることが必要だ、という被爆地ならではの思いも込められていた」…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文925文字)

あわせて読みたい

注目の特集