メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

四日市半導体、新棟検討 年3000億円の投資継続

東芝メモリ四日市工場

 東芝と、同社の半導体子会社「東芝メモリ」を買収する「日米韓連合」の主軸の米ファンド、ベインキャピタルは13日、主力工場がある三重県四日市市で共同記者会見し、フラッシュメモリー事業の戦略を説明した。東芝メモリの成毛康雄社長(東芝副社長)は主力の四日市工場について「新製造棟(第7棟)の建設を検討する。一番の競合相手の(韓国)サムスン(電子)を意識しなければならない」と強調した。【古屋敷尚子】

 成毛社長は2018年度以降も年間3000億円規模の設備投資を継続していく方針も表明。ベインの杉本勇…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです