メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

68港中10港で確認 環境省、中間まとめ

 環境省は13日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」について、海外の定着国との定期コンテナ航路がある68港湾で生息調査をした結果、これまでに確認されたのは10港との中間まとめを発表した。

     港湾関係者や自治体などからの通報が端緒となった例も含め、これまでの国内でのヒアリ確認は11都府県の計21件となっている。

     68港湾の調査は8月に始まり、目視点検と捕獲用容器の設置を3巡繰り返す計画で、大半の港湾で2巡目を終えた。ヒアリは1巡目に清水港と広島港で、2巡目に名古屋港と北九州港で見つかった。残りの6港は、港湾関係者や自治体関係者からの通報などで見つかった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
    2. プロレス アントニオ猪木氏「生前葬」 ハンセンら参列
    3. 台風21号 列島大雨に 「特別警報」の可能性
    4. トランプ氏 ケネディ氏暗殺の捜査資料、機密指定解除へ
    5. 原付きバイク カープナンバープレートも交付 広島市

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]