メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野村18位に後退 上原は33位

 米女子ゴルフのハナバンク選手権は13日、韓国・仁川のスカイ72GC(パー72)で第2ラウンドが行われ、野村敏京は3バーディー、1ボギーの70で回って通算4アンダー、140で首位と7打差の18位に後退した。72だった上原彩子は2アンダーで33位。

     65をマークしたエンゼル・イン(米国)が通算11アンダーでトップ。2打差の2位に田仁智ら韓国勢3人が並んだ。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マルタ 「パナマ文書」報道記者殺害か 運転中に爆弾爆発
    2. 福岡県警 AKBのCD585枚、不法投棄疑い 書類送検
    3. AKB48 総選挙に国費 沖縄振興予算から2800万円
    4. 京都地検 オートバイあおり、事故か…危険運転致傷で起訴
    5. 衆院選 我が党 「すしネタ」にたとえると?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]