メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新製品

「宮古の新土産に」 老舗の清酒、たら味噌セット /岩手

「百年の絆 たら千両」を手にする菱屋酒造店の斉藤鉄郎社長(左)と小が理商店の小笠原信子さん=宮古市役所で

 宮古市の酒造会社・菱屋酒造店と、水産加工会社・小が理商店が、共同で新製品「百年の絆 たら千両」を発売した。いずれも宮古の特産品の清酒とたら味噌(みそ)をセットにした。両社は「宮古の新たなお土産に」と期待を込める。

 両社の創業は、菱屋が1852(嘉永5)年、小が理商店が1912(大正元)年と、市内きっての老舗。

 清酒は、純米吟醸酒「辻村」(300ミリリットル)と特別純米酒「うみねこ」(同)の2本入り。同酒造店の杜氏(とうじ)で「現代の名工」にも選ばれている辻村勝俊さんの名を、初めて清酒のラベルに付けた。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです