特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季都高校野球大会

2回戦 日大三が修徳に大勝 八王子は岩倉に敗れる /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日大三-修徳】六回表日大三2死二、三塁、大塚が右越え3点本塁打を放つ=新宿区の神宮第2球場で 拡大
【日大三-修徳】六回表日大三2死二、三塁、大塚が右越え3点本塁打を放つ=新宿区の神宮第2球場で

 来春の第90回記念選抜高校野球大会の出場校を選ぶ参考資料となる秋季高校野球東京大会(都高野連主催、毎日新聞社など後援)は14日、神宮第2球場など3球場で2回戦5試合が行われた。八王子市上柚木と町田市小野路両球場で予定していた計3試合は、雨で中止となり、場所を多摩市一本杉球場に変更して16日に行われる。

 昨年の同大会で準優勝し、今春のセンバツに出場した日大三は柳沢、大塚の本塁打などで圧倒、修徳にコールド勝ちした。今夏の東東京大会8強の帝京は七回、田中の走者一掃3点適時二塁打などで4点を追加し、創価を降した。一方、今夏の西東京大会で4強入りした八王子は岩倉に逆転サヨナラ負けした。

 15日は4球場で2回戦計8試合が行われる予定。神宮第2球場では、2015年に秋季大会を制した関東一と昨年の覇者、早稲田実が対戦する。【岩嶋悟】

 <神宮第2>

 ▽2回戦

日大三 1221040=10

修徳  0012000=3

 (七回コールド)

 (日)井上-斉藤

 (修)坂本、竹田、福吉-田畑

▽本塁打 柳沢、大塚(日)

▽三塁打 大塚(日)

▽二塁打 井上、日置(日)

4番任され3ラン

 ○…伝統的に打線の強い日大三。新チームで4番を任された大塚は六回、勝利を決定づける右越え3点本塁打を放った。「外角の変化球を、体が開かないように打った。チャンスで結果が出たのでよかった」とほっとした様子。

 今春のセンバツに出場した時に中軸を担った3年生と比較されるだけに「責任をもって練習に取り組んでいる」と言う。昨秋の東京大会で決勝で敗れた悔しさを忘れず「今年は優勝したい」と決意を新たにしていた。

創価 100020000=3

帝京 01220040×=9

 (創)菊地、吉沢、笹岡-中野

 (帝)松沢-竹田

▽本塁打 浪川、門脇(創)志田(帝)

▽二塁打 菊地(創)遠藤、志田、田中(帝)

 <江戸川区>

 ▽同

秋留台

  0000001=1

  033201×=9

日本ウェルネス

 (七回コールド)

 (秋)野宮、三浦-富樫

 (日)江藤、内藤、神田、山西-大田、佐藤

▽本塁打 富樫(秋)

▽二塁打 富樫(秋)白根、山西(日)

日大豊山

  000110100=3

  000000100=1

桜美林

 (日)名倉、高原-村高

 (桜)久富、小池-阿部

▽三塁打 名倉(日)

▽二塁打 平林(日)大中、中嶋(桜)

 <八王子市上柚木>

 ▽同

八王子 000000003=3

岩倉  000020002=4

 (八)新垣、武内、北沢-越村

 (岩)小川、飯島、宮里-荻野

▽三塁打 初鹿野(八)

▽二塁打 呉屋、高橋優(八)田村(岩)

〔都内版〕

次に読みたい

あわせて読みたい