メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

東京 「角打ち」粋の世界 店先で立ち飲み談議 /東京

四ツ谷駅すぐの「スタンディングルーム鈴傳」では地酒と手作りのつまみを求め、連日客でにぎわう=新宿区四谷で

財布に優しく、長居もせず

 「角(かく)打ち」って知っていますか。酒屋さんの店内や軒先で立ち飲みをすることだ。居酒屋と違って常連が多く、入りにくい? いえ、気軽にちょいと一杯がうけ、老若男女が談笑しながら杯を傾けていると聞く。ぶらりと酒屋さんを巡り、良質のお酒とともに「角打ち」の粋の世界にも酔いしれた。【中村俊甫】

 「もういいですか」「いいですよ、何にします?」。9月下旬、四ツ谷駅に近い「鈴傳(すずでん)」を訪れ…

この記事は有料記事です。

残り1661文字(全文1868文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです