特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

県大会 近江、3年ぶりV 彦根東も3位で近畿大会へ /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【比叡山-近江】六回裏近江1死二、三塁、家田が2点適時打を放つ=滋賀県彦根市の県立彦根球場で、小西雄介撮影 拡大
【比叡山-近江】六回裏近江1死二、三塁、家田が2点適時打を放つ=滋賀県彦根市の県立彦根球場で、小西雄介撮影

 秋季近畿地区高校野球県大会(県高野連主催)の決勝と3位決定戦が14日、県立彦根球場であり、近江が比叡山を降して3年ぶり11回目の優勝を果たした。3位決定戦は彦根東が近江兄弟社に勝利し近畿大会出場を決めた。

 3校が出場する近畿大会は21日、大阪市・舞洲の大阪シティ信用金庫スタジアムで開幕する。【小西雄介】

 ○…県立彦根球場…○

 ▽3位決定戦

彦根東

  0000029=11

  0040000=4

近江兄弟社

 (七回コールド)

 (彦)増居-高内

 (近)菊地、奥川、横井-平井

▽二塁打 野崎、高内、山岡、今井、宇野(彦)

 彦根東は2点を追う七回、2死一、二塁から高内の左前打で1点を返し、続く山岡が二、三塁から2点二塁打を放ち逆転。3本の二塁打を含む5安打、打者一巡の攻撃で試合を決めた。近江兄弟社は三回に1死満塁から口分田が適時打を放ち先制したが、以降は打線が沈黙した。

 ▽決勝

比叡山 000001010=2

近江  00310300×=7

 (比)青山、勝-中角

 (近)林、金城-有馬

▽三塁打 吉田(比)山田(近)

▽二塁打 吉田2、荒木2、西田(比)中尾(近)

 近江は三回、2死から山田が右越え2点三塁打を放つなど3点を先取。六回は先頭中尾が二塁打で出塁し、四球と犠打で好機を広げると、家田が右前打を放ち2人を還した。野手陣は無失策で投手陣を支えた。比叡山は六回、荒木と吉田の連続二塁打で1点を返すなど計9安打を放ったが、及ばなかった。

次に読みたい

あわせて読みたい