重度障害者

「介護時間数保障を」 神戸市に署名3547人分 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
神戸市障害者支援課の三浦久美子課長(左)に署名を提出する「障がい者の声を届ける会」のメンバー=神戸市中央区で、桜井由紀治撮影
神戸市障害者支援課の三浦久美子課長(左)に署名を提出する「障がい者の声を届ける会」のメンバー=神戸市中央区で、桜井由紀治撮影

 障害者と支援者らでつくる「障がい者の声を届ける会」は13日、介護時間数の保障などを求めて3547人分の署名を神戸市に提出した。車椅子の重度障害者6人らが市役所を訪れ「健常者と同じように当たり前の生活を送りたい」と訴えた。

 市営住宅やシェアハウスで自立生活を営む障害者は、重度の障害がある人に生活全般の介護を提供する公的サービス制度「重度訪問介護」を利用してヘルパーの支…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集