メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
阿波春秋

梅原末治 考古学研究、一生貫く 調査地、国内外で200超え /徳島

 梅原末治(うめはらすえじ)(1893~1983)大正・昭和期の東洋考古学者、大阪府出身。

 1913(大正2)年同志社普通学校(中学)卒。京大文学部陳列館員・助手、朝鮮総督府古墳調査嘱託・委員を経て欧米留学。その後、29(昭和4)年東方文化学院(後の京大人文科学研究所)研究員・京大文学部講師・助教授。39~56年教授を務めた。

 少年時代から日本を代表する考古学者の指導を受け、古墳時代確立の有力資料として、古墳出土の鏡の研究か…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです