メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

「不認定」 イラン「根拠なき非難」 米大統領演説に反発

 【ワシントン高本耕太、会川晴之、カイロ篠田航一】トランプ米大統領は13日ホワイトハウスで演説し、米国など主要6カ国と結んだ核合意をイランが順守していると「認めない」と議会に通知すると表明した。合意にはとどまるが、イランの核活動抑止の期限切れなどの問題を解決できなければ「合意は終わる」とも明言した。これを受けイランのロウハニ大統領は「根拠なき非難」と反発。合意の堅持方針は示しつつ国益が侵害されれば「停止もためらわない」と述べた。今後の焦点は米議会の対応だが、直ちに制裁を発動する可能性は低いとみられる。

 トランプ氏は対イラン包括戦略を示す中で核合意対応を説明。「不認定」の理由はイランがテロ支援などで中…

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文1942文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  3. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  4. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです