メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

国軍、ロヒンギャ迫害を調査 批判回避狙い

 【バンコク西脇真一】ミャンマー国軍は13日、少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」に対する迫害について内部調査を開始したと明らかにした。現地メディアなどが伝えた。国連人権高等弁務官事務所が、ロヒンギャの村を国軍が「組織的に攻撃した」とする報告書を出すなど国際的批判が高まっており、これをかわす狙いとみられる。調査結果を公表するとしているが…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです