メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

グンゼ 養蚕の「郡」、地域振興願い

グンゼのロゴマーク=同社提供

 1896(明治29)年創業の老舗下着メーカー「グンゼ」。その社名には、祖業の養蚕・製糸業を通じた地域振興への願いが込められている。

 創業者の波多野鶴吉氏の故郷、何鹿(いかるが)郡(現・京都府綾部市)は養蚕が盛んだったが、当時は何鹿産の繭や生糸の全国的な評価は振るわなかったという。

 小学校教員だった波多野氏は、養蚕農家の子供たちの貧しい暮らしを見て、地域振興の必要性を痛感。地場産業である蚕糸業の活性化が何鹿郡にとって急務との思いから、教員を辞めて製糸会社をつくり、郡の正しい方…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです