メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『ジャズ・アンバサダーズ「アメリカ」の音楽外交史』 著者・齋藤嘉臣さん

 ◆著者・齋藤嘉臣(さいとう・よしおみ)さん

 (講談社選書メチエ・2160円)

政府の思惑を超えて熱狂

 戦後、大衆文化のジャズが外交や文化交流の一翼を担ったことは日本ではあまり知られていない。米政府は一流のミュージシャンたちを「ジャズ・アンバサダーズ(大使)」と名付け、世界が東西に分断された冷戦時代も、東欧やアフリカなどの諸国に相次いで送り込んだ。「トップエリートたちの交渉ではなく、冷戦が普通の人々の生活にどんな影響を与えたのかに着目したかった」。国際政治史の研究者が、その活動の軌跡をたどる。

 ジャズ大使の誕生は、1950年代半ばにさかのぼる。ソ連(当時)は「文化攻勢」をしかけ、バレエ団やオ…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです