メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『古都の占領 生活史からみる京都1945-1952』=西川祐子・著

 (平凡社・4104円)

容赦ない普遍的苦しみ

 この本を手に入れた時のことはよく憶(おぼ)えている。土砂降りの雨の夕方、書店や古書店が軒を連ねる神保町は東京堂の平台で見つけた。手に取った時、「白地に赤く日の丸染めて」という唱歌の旋律が、何故かふと頭に浮かんだ。

 タイトルに「古都」とあるからには京都の話だろう。だが京都は、先の大戦でも激しい空襲がなかった雅(みやび)な千年の都だったのではなかったか。その京都が、「占領」という言葉と結ばれる不穏さが、私の意識の古層を揺るがしたものとみえる。

 読み始めるとページをめくる手は止まらず、気づけば朝までかかって五百頁(ページ)超の本を読んでしまっ…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1446文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 春日部駅 高架化の完成目標、国認可12年後 県が説明会 /埼玉
  5. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]