メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『がんになる前に乳房を切除する 遺伝性乳がん治療の最前線』=小倉孝保・著

 (文藝春秋・1728円)

 乳がんで亡くなる人は世界で毎年約46万人に上るという。「私が乳がんになる確率は87%、卵巣がんは50%」。このリスクを減らそうと、女優アンジェリーナ・ジョリーは予防のため乳房の切除を決めた。親族を乳がんで亡くした人の中には、不安を抱えながら過ごす人もいる。

 1992年に健康な自らの乳房にメスを入れた英国人女性、ウェンディ・ワトソンの歩みをたどり、英国や日本は乳…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです