メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『がんになる前に乳房を切除する 遺伝性乳がん治療の最前線』=小倉孝保・著

 (文藝春秋・1728円)

 乳がんで亡くなる人は世界で毎年約46万人に上るという。「私が乳がんになる確率は87%、卵巣がんは50%」。このリスクを減らそうと、女優アンジェリーナ・ジョリーは予防のため乳房の切除を決めた。親族を乳がんで亡くした人の中には、不安を抱えながら過ごす人もいる。

 1992年に健康な自らの乳房にメスを入れた英国人女性、ウェンディ・ワトソンの歩みをたどり、英国や日本は乳…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです