連載

健康を決める力

毎日新聞デジタルの「健康を決める力」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

健康を決める力

信頼できる情報、どこに=聖路加国際大教授 中山和弘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 子どもが幼い頃、腕から床に落ちて、肘が曲げられなくなることがありました。これは以前、仲のいい先輩の子どもがなって驚いたという肘内障(ちゅうないしょう)かも、と思いました。肘が抜けたような状態で、先輩からは「『子ども 腕 だらり』で検索するとわかるんだよ」と聞いていました。

 それでも医者に診せた方がいいと思って、もう夜でしたが、何とか病院を見つけて受診しました。ところが専門外の医者でレントゲンでもわからず、帰ってきてしまいました。このままにはできないと思い、ネットで見つけた図やビデオを見比べて試したところ、元に戻すことができました。危なっかしい話ですが、感動して、その後も何度か治した記憶があります。これも、たまたま聞いていたから探せたわけで、そうでなければ、かわいそうに、小児科を受診するまでそのままにせざるを得なかったでしょう。

 やはり健康情報というのは今すぐに欲しいものです。すぐに受診できなかったり、受診しても解決しなかったりする場合は特に、インターネットが役に立つことが望まれます。しかしどうも、日本では、健康情報を見つけるのが難しいようです。私たちの調査では、気になる病気の症状や治療、心の健康問題に関する情報を見つけるのが「難しい」と答えた割合は、5割前後でした(表)。病気の予防に関する情報や生活習慣の改善の情報でも…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1492文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集