メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

7中全会が閉幕 「習氏の理念」党規約入り確認

 【北京・河津啓介、林哲平】中国共産党の第18期中央委員会第7回総会(7中全会)が14日、閉幕した。18日に始まる第19回党大会で審議される党規約改正案を採択し、習近平総書記(国家主席)が掲げる新たな政治理念を盛り込むことを改めて確認した。国営新華社通信が伝えた。

 閉幕後公表されたコミュニケ(公報)によると、党大会に向け、習氏の政治理念「治国理政(国家統治・政策運営)の新理念、新思想、新戦略」を貫徹することで一致。習氏は昨年10月の6中全会で既に別格の指導者を意味する「核心」と位置付けられており、党規約改正によって理論…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです