米軍ヘリ炎上

再三の要請「無視された」周辺住民怒り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「間違ったら自分の家に落ちていた」「今度ばかりは許せない」--。沖縄県東村高江で11日午後、米軍のCH53E大型輸送ヘリが民間牧草地に不時着、炎上した。現場は住民らによる激しい建設反対運動が展開されたヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の近く。毎日新聞のインタビューに応じた住民は「周辺には住宅や学校もある。一つ間違えば大惨事になった」と憤りをあらわにした。

 「いつ(ヘリが)落ちて来るかわからない。まずは住民に事故原因を説明して謝罪してほしい」。牧草地の所有者、西銘晃さん(64)は語る。事故直後、現場に駆け付け、黒煙を上げるヘリを動画に収めた。以前も同じ牧草地に米軍ヘリが不時着したことがあるという。「(集落)上空だけは飛ばさないでほしい。それができないなら国がヘリパッドを撤去してほしい」と訴えた。妻・美恵子さん(63)は「理想は基地がないこと。仕事な…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文741文字)

あわせて読みたい

ニュース特集