メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

孫と盆正月ゆっくりしたい 復興住宅心待ち

玄関先で話をするのが「毎日の楽しみ」という坂本さん(右)と同じ仮設住宅の住人=熊本県西原村で、野呂賢治撮影

 14日で発生から1年半を迎えた熊本地震の被災地では、今も多くの被災者が仮設住宅やみなし仮設住宅で避難生活を送っている。12日には政府の閣議決定を受けて熊本地震の仮設入居期限を1年延長する政令が施行されたが、熊本県内では仮設退去後の住まいとなる災害公営住宅(復興住宅)が依然として着工に至っていない。安堵(あんど)と不安が交錯する仮設で暮らす被災者たちは一日も早い暮らし再建を待ち望んでいる。

 熊本県西原村小森の仮設住宅に住む坂本チズルさん(76)は10年ほど前に夫を亡くしてからは村内で1人…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文745文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです