メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる・イラン核合意

ペルシャ湾を「アラビア湾」 トランプ氏が演説 ロウハニ師「勉強を」

ペルシャ湾の位置

 【カイロ篠田航一】トランプ米大統領が2015年のイラン核合意の再検討を表明した13日の演説中、「ペルシャ湾」の表現を使わず「アラビア湾」と呼んだことに、イラン側が反発を強めている。ロウハニ大統領は「地理を勉強した方がいい」とトランプ氏に反論。AP通信はトランプ氏が「舌戦に火を付けた」と伝えた。

 トランプ氏は演説で、イランが「アラビア湾や紅海」で米国の船舶に嫌がらせを続け、航行の自由を脅かしていると非難。イランを敵視するトランプ氏が故意にそう呼んだ可能性が高いが、ロウハニ大統領は「トランプ氏…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです