メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる・イラン核合意

ペルシャ湾を「アラビア湾」 トランプ氏が演説 ロウハニ師「勉強を」

ペルシャ湾の位置

 【カイロ篠田航一】トランプ米大統領が2015年のイラン核合意の再検討を表明した13日の演説中、「ペルシャ湾」の表現を使わず「アラビア湾」と呼んだことに、イラン側が反発を強めている。ロウハニ大統領は「地理を勉強した方がいい」とトランプ氏に反論。AP通信はトランプ氏が「舌戦に火を付けた」と伝えた。

 トランプ氏は演説で、イランが「アラビア湾や紅海」で米国の船舶に嫌がらせを続け、航行の自由を脅かしていると非難。イランを敵視するトランプ氏が故意にそう呼んだ可能性が高いが、ロウハニ大統領は「トランプ氏…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです