メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

芸術祭十月大歌舞伎 敵役ぶりが秀逸=評・小玉祥子

 昼がインドの古代叙事詩が原作の「極付印度伝(きわめつきいんどでん) マハーバーラタ戦記」(青木豪脚本、宮城聰演出)。神の子である迦楼奈(かるな)(菊之助)が、象の国の王位をめぐる鶴妖朶(つるようだ)王女(七之助)と百合守良(ゆりしゅら)王子(彦三郎)を頭とする5人兄弟の王子との戦いに関わり、同じ汲手(くんてぃ)姫(時蔵)を母とする阿龍樹雷(あるじゅら)王子(松也)と雌雄を決するまでが描かれる。

 神々が並ぶ「忠臣蔵」の「大序」を思わせる序幕から始まり、弓試合、立ち回りなどが両花道を用いてテンポ…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです