メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

市民のかいぼり

 東京の中央を西から東に横断する神田川は、今年開園100年を迎えた三鷹市・井の頭公園内の池が源流だ。春、池や流域では桜が舞い、初夏には放たれたホタルが水面を照らす。

 そんな「憩いの場」も盛夏を迎えるころ、様子が一変する。水が緑色に濁り、周辺には腐敗臭が漂う。汚れた水で増える植物プランクトンが、アオコを作るからだ。都は水質改善を目指し、市民団体…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです