連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

弱いけど強い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本市の「山幸窯」は市西部の金峰山の中腹にある。窯を営む山本幸一さん(70)が今月上旬に福岡市で開いた個展に、懐かしい知人が顔をのぞかせた。

 福岡県東峰村の小石原焼の陶芸家だ。山本さんは欧州などで陶芸の腕を磨いたが、最初は25歳の時に小石原で門をたたいた。今年7月に小石原が豪雨に襲われると、山本さんはいても立ってもいられず、いくつかの窯元と連絡を取った。多くの…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集