メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

集団移転地「野蒜ケ丘」 新しいまち誕生祝う /宮城

新しい街の完成を祝いみこしを担いで練り歩く子供たち=東松島市野蒜ケ丘で

 東日本大震災で被災した東松島市最大の防災集団移転地「野蒜ケ丘」(野蒜北部丘陵地区)で15日、新しいまちの誕生を祝う「まちびらきまつり」が開かれた。地区住民らが企画したパレードでは、みこしを担いで練り歩く子どもたちを住民らが小旗を振って応援し、地区一帯が活気づいた。

 野蒜ケ丘は、山林を切り開いた約91ヘクタールの高台に、自力再建と災害公営住宅(復興住宅)の計約450世帯が暮らす住宅地。8月には復興住宅の最後の鍵の…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです