特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-稲葉陽八段 第20局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

豊島、攻め倒す

 豊島は[先]4四桂と確実な攻めで迫った。稲葉は玉の早逃げで粘り、上部の開拓を目指す。

 [先]3一竜に[後]1二銀は仕方のない手で、[後]4四角[先]3五香[後]2二角[先]3四銀[後]3一角なら[先]2三銀成[後]同玉[先]3三金で後手玉が詰む。

 [後]1二銀に対し[先]1一金は俗手だが、“寄せは俗手で迫れ”の格言通りで厳しかった。稲葉は[後]2五歩と入玉含みで頑張るが、「入玉狙いですがと金ができない進行なので、苦しいと思いました」と語っている。

 豊島としては駒得しながらの攻撃なので、攻めが切れずに入玉を止めれば自然に勝ち筋に入る。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文831文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集