メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

群馬・上野村 イノブタ 脂肪が少ないのにコク 9カ月肥育、年200頭出荷 /東京

イノブタを抱くJA上野村の岩井順也さん=群馬県上野村楢原の村いのぶたセンターで

 イノシシと豚をかけ合わせたイノブタ。群馬県上野村では半世紀にわたり、特産品として肥育している。高タンパク質で脂肪が少なく、あっさりしているのにコクがあるのが特徴で、観光客にも人気が高い。その拠点で、JAなどが運営する「上野村いのぶたセンター」(同村楢原)を訪ねた。【山本有紀】

 ブゥーブゥー--。センターの敷地の一角にある肥育小屋に足を踏み入れると、通路を挟んで両側の柵内にいたイノブタが近寄ってきた。「人なつっこいな」。記者が歩み寄ろうとした瞬間、一斉に背を向け逃げ出した。「好奇心はあるけど、警戒心も強いんですよ」。JA上野村の月田智・総務課長が説明してくれた。

 イノブタの肥育は1968年ごろ、村おこしの一環で始まった。最盛期は約20の肥育農家があったが、高齢…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1239文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです