メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる・イラン核合意

米、IS崩壊後見据え 革命防衛隊制裁、勢力拡大を阻止

 【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は、米国を含む主要6カ国とイランが2015年に結んだ核合意を再検討する中で、新たに包括的なイラン戦略をまとめた。柱となるのがイランの革命防衛隊への制裁だ。トランプ氏が13日の演説で「最高指導者(ハメネイ師)直属のテロ・軍事組織」と呼んだ組織への制裁の狙いは何か。

 「スレイマニ将軍は極めて優秀な男だ。大きな絵を描ける人だ」。かつてイラク駐留米軍司令官や中央軍司令官を務めたペトレアス元米中央情報局長官は9月末、ワシントン市内での講演で、革命防衛隊の精鋭部隊を率いるスレイマニ司令官について語り始めた。

 イラク駐留時代、イラクのタラバニ大統領(当時)を通じて、スレイマニ氏からのメッセージを受け取る。「私はイラクに対する全権を委ねられている。シリアやレバノン、アフガニスタンの権限もある」と紹介した上で、対立が続く米国との現状打開のため「直接会って交渉をしたい」と面会を打診された。ペトレアス氏は「あなたたちと戦い続ける」と断ったが、強い印象が残った。

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです