メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

試練と機会与えてくれた=女優・作家 中江有里さん

中江有里(なかえ・ゆり)さん

 小中学校では地味でおとなしい子どもでした。国語の授業で順番に先生に当てられて教科書を音読した時、次は私だと思って緊張していたら飛ばされてしまって。でも「飛ばされました」と言えないくらい内向的でした。

 それほど存在感がなかったのに、中学ではいじめの標的になりました。先輩に目を付けられ、校舎の裏に呼び出されて。怖かったし、何より悲しかったのは同級生が離れていったこと。でも、自分も同じ立場だったら同じ態度を取ったかもしれないので、恨む気持ちはありません。

 芸能界に入った影響で、高校は四つも通いました。初めは大阪の私立校だったんですが、行ったのは1学期だ…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです