特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選中盤情勢

自民、最大300超も 立憲は勢い増す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
候補者の訴えに耳を傾ける有権者たち=札幌市豊平区で2017年10月15日午後、梅村直承撮影
候補者の訴えに耳を傾ける有権者たち=札幌市豊平区で2017年10月15日午後、梅村直承撮影

 毎日新聞は13~15日、第48回衆院選(定数465=小選挙区289、比例代表176)が22日に投開票されるのを前に特別世論調査を実施し、取材情報を加味して中盤情勢を探った。自民党は小選挙区、比例代表とも堅調で、単独で300議席を超える可能性がある。希望の党は最大で54議席にとどまる見通しで、結成当初の勢いは感じられない。立憲民主党は公示前勢力(15議席)を大きく上回る40議席台を確保しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1341文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする