メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・関ケ原

人間将棋、結果は「歴史通り」

関ケ原古戦場で開かれた人間将棋=岐阜県関ケ原町で2017年10月15日、中村宰和撮影

 天下分け目の戦いがあった岐阜県関ケ原町で15日、よろいかぶと姿の人間を駒に見立てて対戦する人間将棋が行われた。石田三成が陣を張った笹尾山近くに縦横各15~16メートルの巨大将棋盤を設けた。

 東軍の徳川家康を佐藤天彦名人が、西軍の三成を山崎隆之八段が演じ、将棋で戦いを再現。「裏切りがあるかもしれぬ」…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです