岐阜・関ケ原

人間将棋、結果は「歴史通り」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
関ケ原古戦場で開かれた人間将棋=岐阜県関ケ原町で2017年10月15日、中村宰和撮影
関ケ原古戦場で開かれた人間将棋=岐阜県関ケ原町で2017年10月15日、中村宰和撮影

 天下分け目の戦いがあった岐阜県関ケ原町で15日、よろいかぶと姿の人間を駒に見立てて対戦する人間将棋が行われた。石田三成が陣を張った笹尾山近くに縦横各15~16メートルの巨大将棋盤を設けた。

 東軍の徳川家康を佐藤天彦名人が、西軍の三成を山崎隆之八段が演じ、将棋で戦いを再現。「裏切りがあるかもしれぬ」…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

注目の特集