メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車WEC

トヨタ8号車、中嶋組が優勝 第7戦

 自動車レースの世界耐久選手権(WEC)シリーズ第7戦「富士6時間耐久レース」は15日、静岡・富士スピードウェイ(1周4.563キロ)で決勝が行われた。レースは雨や霧のため2度中断。残り約1時間半で迎えた2度目の中断時にトップに立っていた3番手スタートの中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ(スイス)、アンソニー・デービッドソン(英国)組が乗るトヨタの8号車が113周を走り、優勝した。トヨタは今季3勝目。自国開催の富士では2連覇を飾った。

 トヨタは2位にも予選4位で小林可夢偉、マイク・コンウェー(英国)、ホセ・マリア・ロペス(アルゼンチ…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです