メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Let’sプログラミング

/26 「プログル」で算数を勉強

 今回こんかいは、プログラミングのツールを使つかって算数さんすう勉強べんきょうしてみましょう。

     プログラミングで勉強べんきょうができるの? プログラミングはゲームをつくったり、ロボットをうごかしたりするものじゃないの?

     そんなことはないですよ。学校がっこうなら算数さんすう理科りか音楽おんがく図工ずこう。いろいろな教科きょうか勉強べんきょうするために、プログラミングを使つかうことができます。

     そうくと、なんだか勉強べんきょうたのしくなりそうだね。やってみたい!

     今回こんかいは「プログル」というあたらしいツールを使つかいます。これまでに紹介しょうかいした「スクラッチ」などでも勉強べんきょうできますが、プログルは小学校しょうがっこう授業じゅぎょうでプログラミングをまなぶためにつくられた専用せんようのツールで、パソコン、タブレット、スマートフォンから無料むりょう使つかえます。まずはしたのように、アクセスしてみてください。


     <プログルの使つかかた

    1)プログル(https://proguru.jp/)にアクセスし、「プログルをはじめる」→「多角形たかくけいコース」か「公倍数こうばいすうコース」をえらび、「プログルをはじめる」をクリックする。

    2)「ヒント」をみ、ブロックの使つかかた、つなげかた確認かくにんする。

    3)画面上がめんじょうのブロックをつなげて、問題もんだいく。

    4)画面がめんしたにある「実行じっこうする」をクリックする。


     最初さいしょ多角形たかくけいコースに挑戦ちょうせんしてみよう。多角形たかくけいは、三角形さんかくけい四角形しかくけいのことだね。

     そのとおり。ここでは、このツールにてくるロボットのキャラクター「グラミン」がせんすすみながら、多角形たかくけいくプログラムをかんがえます。がる角度かくど何度なんどにすればよいのかかんがえるのがポイントです。角度かくどをまだならっていないひとは、いえひと一緒いっしょ挑戦ちょうせんしてくださいね。

     2ほんせんすすみちかんがえる課題かだいをクリアしたら、1ぺんながさが100の正方形せいほうけい課題かだいてきた! 正方形せいほうけいは、ひとつのかくが90よね。「100まえすすむ」と「90度右どみぎきます」をかえせばいいということね。

     そのとおり。何回繰なんかいくかえすといいか、どのブロックを使つかったらいいかかんがえたら、したこたえをためしてください。

     では、正三角形せいさんかくけいくための角度かくどはわかりますか?

     正三角形せいさんかくけい内側うちがわ角度かくどは、60だよね。でも、「60度右どみぎきます」としてもうまくけないな。どうしてだろう。

     では、したのように「120度右どみぎきます」と数字すうじえてみてください。

     今度こんどはうまくできた!

     グラミンがすす方向ほうこうたいして何度曲なんどまがるのかかんがえると、うまくできた理由りゆう理解りかいできますよ。正六角形せいろっかくけい正五角形せいごかくけいにもチャレンジしてみてください。

     「プログル」では、もうひとつ「公倍数こうばいすう」コースがあります。公倍数こうばいすうまなぶ5年生以上ねんせいいじょう対象たいしょうですが、低学年ていがくねんひとも、いえひと一緒いっしょにブロックを順番じゅんばんならべたり、条件じょうけんけてかんがえたりして、かたれてみてください。


    みんなのコード

     監修かんしゅう特定非営利とくていひえいり活動かつどう法人ほうじんみんなのコード

    「すべてのどもがプログラミングをたのしむくににする」とのミッションのもと、日本全国にほんぜんこく小学校しょうがっこうでのプログラミング教育きょういく普及活動ふきゅうかつどうをしている非営利法人ひえいりほうじん。http://code.or.jp

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
    2. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
    3. 悪ふざけ投稿 尻にポンプ車ホース…ツイートの消防士処分
    4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
    5. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです