メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 「やすらぎの郷」の終わり=中森明夫

 「やすらぎの郷」が終わった。近年、最も面白く、かつ刺激的なドラマだった。やすらぎロスである。

 テレビ界に貢献した業界人のみが入居を許される老人ホームの物語だ。主演の石坂浩二(76)はじめ、八千草薫(86)、浅丘ルリ子(77)、加賀まりこ(73)、有馬稲子(85)、五月みどり(77)等、豪華な主要キャストの平均年齢はなんと77・6歳。看護師がつき添う“命懸け”の撮影現場で、クランクイン時には「撮影中にどうか死なないでください」と呼びかけられたという。が、残念なことに野際陽子が亡くなり(享年81)、追悼のテロップが出た。

 往年の名女優らが老いた女優を演じ、若き日の輝くばかりの美しい映像が時折流れ、ため息をつく。ああ、5…

この記事は有料記事です。

残り1348文字(全文1660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです