自転車ギア欠陥

和解 「シマノ」3900万円支払い 大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自転車を走行中に転倒し、後遺症を負ったのはギアの欠陥が原因だとして、大阪府和泉市の男性(53)がメーカー側に約8100万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(森田浩美裁判長)であり、ギアを製造する「シマノ」(堺市)が3900万円を支払うことで和解したことが分かった。

 和解は2日付。訴訟記録によると、男性は…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集