メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

田舎のしょうゆ屋

 先週、千葉市内で日本の農林水産物の輸出拡大に向けた合同商談会が開かれた。66の国・地域からバイヤーが訪れ、日本食への関心の高さがうかがえた。有名メーカーが集まる中、兵庫県養父市から参加したのが大徳醤油(しょうゆ)だ。

 同社は1910年創業で社員約10人。浄慶耕造社長は「うちは田舎の小さなしょうゆ屋」と笑うが、昔ながらの製法と国産原料にこだわった商品への…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  2. かぼちゃの馬車 借金背負った多数のオーナー「なぜ破綻」
  3. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  4. ネモフィラ 空色に染まる広場 岐阜・可児
  5. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]