メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

田舎のしょうゆ屋

 先週、千葉市内で日本の農林水産物の輸出拡大に向けた合同商談会が開かれた。66の国・地域からバイヤーが訪れ、日本食への関心の高さがうかがえた。有名メーカーが集まる中、兵庫県養父市から参加したのが大徳醤油(しょうゆ)だ。

 同社は1910年創業で社員約10人。浄慶耕造社長は「うちは田舎の小さなしょうゆ屋」と笑うが、昔ながらの製法と国産原料にこだわった商品への…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです