メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

田舎のしょうゆ屋

 先週、千葉市内で日本の農林水産物の輸出拡大に向けた合同商談会が開かれた。66の国・地域からバイヤーが訪れ、日本食への関心の高さがうかがえた。有名メーカーが集まる中、兵庫県養父市から参加したのが大徳醤油(しょうゆ)だ。

 同社は1910年創業で社員約10人。浄慶耕造社長は「うちは田舎の小さなしょうゆ屋」と笑うが、昔ながらの製法と国産原料にこだわった商品への…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです