メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌市時計台

クラーク像設置 新たな呼び物に /北海道

長いすに一緒に座って記念撮影もできるクラーク博士像=札幌市中央区の札幌市時計台で

 札幌のシンボルとして親しまれている札幌市時計台(同市中央区北1西2)の2階ホールに、札幌農学校(現・北海道大)の初代教頭、ウィリアム・クラーク博士の像が16日、設置された。

 時計台はクラーク博士の構想で演武場として1878(明治11)年に完成。農学校生の鍛錬や入学・卒業式に使用された。クラーク像は同市豊平区の羊ケ丘展望台や北大構内にもあ…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです