メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日光東照宮

秋季大祭で流鏑馬神事 表参道に響く快音 /栃木

流鏑馬神事で疾走する馬上から矢を的中させた射手=日光市の日光東照宮表参道で

 日光市の日光東照宮で16日、秋季大祭が始まり、表参道では流鏑馬(やぶさめ)神事が行われた。木々が紅葉し始めた表参道に、的を射抜く快音が響いた。

 流鏑馬は平安時代末期に朝廷の行事として始まり、鎌倉時代に武士の間に広がった。一時は廃れたが八代将軍徳川吉宗が復活させたと伝えられている。東照宮は戦後復興に向けて誇りと自信を取り戻すため、1953…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです