メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日光東照宮

秋季大祭で流鏑馬神事 表参道に響く快音 /栃木

流鏑馬神事で疾走する馬上から矢を的中させた射手=日光市の日光東照宮表参道で

 日光市の日光東照宮で16日、秋季大祭が始まり、表参道では流鏑馬(やぶさめ)神事が行われた。木々が紅葉し始めた表参道に、的を射抜く快音が響いた。

 流鏑馬は平安時代末期に朝廷の行事として始まり、鎌倉時代に武士の間に広がった。一時は廃れたが八代将軍徳川吉宗が復活させたと伝えられている。東照宮は戦後復興に向けて誇りと自信を取り戻すため、1953…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです