メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブータン王女

京都大が国王の妹を招待 交流60周年を記念 /京都

ブータン国王の妹、ソナム・デチェン・ワンチュク王女を出迎えられる皇后さま(24日午前10時30分、皇居・御所で)=代表撮影

 京都大学は、ブータン国王の妹、ソナム・デチェン・ワンチュク王女(36)を招待する。同国と京大との交流が60周年を迎えたことを記念し、ブータンが提唱する「国民総幸福」(GNH)に焦点を当てた25日のシンポジウムに出席する。

 王女の祖母にあたるケサン・ワンチュク王妃(87)が1957年秋に来日した際、京大の桑原武夫(フランス文学)、芦田譲治(植物学)の両教授が歓待した。当時、ブータンと日本は国交がなかったが、これを契機に京大OBの植物学者、中尾佐助・大阪府立大助教授(当時)が1958年、日本人として初めてブータンを訪れ、約半年間の探検の成果を「秘境ブータン」(59年、毎日新聞社)として出版。このときの調査結果が「照葉樹林文化論」などに結実した。85年には京大山岳部隊がブータンの未踏峰マサコン(7200メートル)に初登頂。2010年に京大ブータン友好プログラムがスタートし、生態学や気象学、医療…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文1001文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです