メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブータン王女

京都大が国王の妹を招待 交流60周年を記念 /京都

ブータン国王の妹、ソナム・デチェン・ワンチュク王女を出迎えられる皇后さま(24日午前10時30分、皇居・御所で)=代表撮影

 京都大学は、ブータン国王の妹、ソナム・デチェン・ワンチュク王女(36)を招待する。同国と京大との交流が60周年を迎えたことを記念し、ブータンが提唱する「国民総幸福」(GNH)に焦点を当てた25日のシンポジウムに出席する。

 王女の祖母にあたるケサン・ワンチュク王妃(87)が1957年秋に来日した際、京大の桑原武夫(フランス文学)、芦田譲治(植物学)の両教授が歓待した。当時、ブータンと日本は国交がなかったが、これを契機に京大OBの植物学者、中尾佐助・大阪府立大助教授(当時)が1958年、日本人として初めてブータンを訪れ、約半年間の探検の成果を「秘境ブータン」(59年、毎日新聞社)として出版。このときの調査結果が「照葉樹林文化論」などに結実した。85年には京大山岳部隊がブータンの未踏峰マサコン(7200メートル)に初登頂。2010年に京大ブータン友好プログラムがスタートし、生態学や気象学、医療…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです