決戦の現場

’17衆院選 4区 激戦、無党派層が左右 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
街頭演説で聴衆に手を振る候補者=大阪市で、高嶋将之撮影
街頭演説で聴衆に手を振る候補者=大阪市で、高嶋将之撮影

 大阪4区(大阪市都島区、福島区など)は、政治情勢に揺れ動く無党派層が結果を左右してきた。1996年の衆院選に小選挙区制が導入されて以降、連続で議席を獲得した候補者がいないことがその証左だ。前回2014年は中山氏が勝利したが、旧民主党が政権交代を果たした09年は民主、12年は日本維新の会が議席を得た。

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1230文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集