子どもだんじり

ヒノキで制作 羽曳野出身・杉田さんら29日に初披露 奈良 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
子どもだんじりの完成を喜ぶ杉田治郎さん(前列左端)たち=奈良県香芝市で、嶋谷泰典撮影
子どもだんじりの完成を喜ぶ杉田治郎さん(前列左端)たち=奈良県香芝市で、嶋谷泰典撮影

 羽曳野市内で生まれ育ち、奈良県香芝市西真美地区で工務店を営む杉田治郎さん(40)が「子どもたちに本物のだんじりを引かせてあげたい」と、著名な木彫家の助力を得てヒノキ作りの子どもたんじりを完成。同地区で今月29日に開かれるまつりで初めて披露される。

 地元では12年前から、発泡スチロール製のキティだんじりがえい航されてきた。小さいころからだんじり好きだった杉田さんは、約2年前に自治会に本格的な子どもだんじり制作を打診。屋根の前後に掲げる「獅噛(しがみ)」の制作…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集