連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

古墳の呼び名はなぜ複数あるの? /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

「仁徳天皇陵」や「大山」 国や学会、それぞれに根拠

 なるほドリ 堺、羽曳野、藤井寺の3市に広がる「百舌鳥(もず)・古市古墳群」が7月末に世界文化遺産の国内推薦候補に選ばれたよね。複数の名がある古墳があったけれど、一番大きな古墳はどんな呼び名があるのかな?

 記者 墳丘の長さが486メートルある世界最大級の古墳のことですね。府と3市が文化庁に提出した推薦書原案には「仁徳天皇陵古墳」と記されています。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文943文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集