メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

陳氏、副主席に内定 習氏後継固まる

習近平氏

 【北京・浦松丈二】18日に開会する中国共産党の第19回党大会の最高指導部人事で、習近平国家主席(64)の最側近として知られる陳敏爾(ちんびんじ)・重慶市党委書記(57)が政治局常務委員(7人)に昇格し、来年3月の全国人民代表大会(全人代=国会)で国家副主席に就任することが内定した。中国筋が16日明かした。次世代指導者の陳氏が最高指導部の常務委員と国家副主席を兼務することで、5年後に国家主席の任期(2期)を迎える習氏の後継地位を固めることになる。

 中国憲法で、国家副主席は国家主席を補佐し、主席が空席になった時にそのポストを引き継ぐと定められてい…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文962文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  4. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]