メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

トップ交代、制度定着化 習主席、影響力保持狙う

 【北京・浦松丈二】18日開会の中国共産党大会を前に、習近平指導部が次世代指導者の陳敏爾(ちんびんじ)・重慶市党委書記(57)を国家副主席に内定させたのは、副主席(党政治局常務委員)から国家主席(党総書記)に昇格させるトップ交代の手法を胡錦濤氏、習氏、陳氏と3代続け、中国の政治制度として定着させる狙いがあるとみられている。

 習氏が3期目の党総書記や毛沢東時代にあった党主席ポストの復活を目指しているとの観測が一部にあるため、党大会で、習氏の後継者が内外に明示されるかが大きな焦点になっていた。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  4. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  5. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです