メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米韓合同訓練

北朝鮮の対抗策警戒 ミサイル発射も

 【ソウル米村耕一】米韓両海軍は16日、朝鮮半島周辺の日本海や黄海での合同訓練を開始した。米原子力空母「ロナルド・レーガン」など40隻が参加し、韓国が海上境界線と位置付ける北方限界線(NLL)の南方で20日まで実施される。北朝鮮側が対抗措置として弾道ミサイル発射などに踏み切る可能性もあり、米韓両軍は警戒を強めている。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は15日、空母や原潜を投入しての米韓合同訓練について「トランプ(米大統領)が『完全破壊』だの『嵐の前の静けさ』などと暴言を吐くタイミングに合わせて、莫大(ばくだい)な戦略兵器を南朝鮮(韓国)周辺に集結させている」と批判した。韓国メディアは、韓国政府関係者の話として「北朝鮮内で弾道ミサイルの発射台を動かす動きがある」と伝えている。

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  3. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  4. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです