メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米韓合同訓練

北朝鮮の対抗策警戒 ミサイル発射も

 【ソウル米村耕一】米韓両海軍は16日、朝鮮半島周辺の日本海や黄海での合同訓練を開始した。米原子力空母「ロナルド・レーガン」など40隻が参加し、韓国が海上境界線と位置付ける北方限界線(NLL)の南方で20日まで実施される。北朝鮮側が対抗措置として弾道ミサイル発射などに踏み切る可能性もあり、米韓両軍は警戒を強めている。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は15日、空母や原潜を投入しての米韓合同訓練について「トランプ(米大統…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文431文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです