秋の新聞週間

新聞協会賞受賞 その瞬間、サプライズ 五輪写真の意義語る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今年度の新聞協会賞(編集部門)は毎日新聞東京本社の「ボルトも驚がく 日本リレー史上初の銀」など4件が受賞した。同賞をスポーツ写真が受賞するのは初めて。昨年のリオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーでジャマイカのアンカー、ウサイン・ボルト選手が競り合ってきた日本のケンブリッジ飛鳥選手に驚きの視線を送る一瞬を梅村直承(なおつね)記者が捉えた。毎日新聞が写真報道で同賞を受賞するのは7回目。その意義についてフォトグラファーの青木紘二さんと梅村記者が対談した。(対談は6日に東京で行いました。写真は佐々木順一撮影)

この記事は有料記事です。

残り2590文字(全文2850文字)

あわせて読みたい

注目の特集