メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自

ミサイルの不具合放置 無償の修理期間経過 検査院指摘

 海上自衛隊の護衛艦に搭載される短距離艦対空誘導弾「シースパロー」(RIM162)の運用状況を会計検査院が調べたところ、一部で不具合が見つかり、事実上搭載できないミサイルが複数あることが関係者への取材で分かった。不具合が判明した時点で、既にメーカー側に無償での修理や交換を要請できる期間が過ぎており、修理と本格的な原因調査が進まない事態となっている。海自側は「国防に直接的な影響を与えることはない」としている。【松浦吉剛、島田信幸、前谷宏】

 シースパローは主に、戦闘機や対艦ミサイル攻撃の迎撃に使用される。弾道ミサイルを撃ち落とす任務に当たるイージス艦の防護なども想定される。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  4. 浮足立つ→「喜びや期待」60.1% 本来の意味「恐れや不安」26.1% 国語世論調査

  5. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです