特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-屋敷伸之九段 第21局の1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

第五の有力な形

 相居飛車の序盤常識が変わりつつある。

 これまでの相居飛車戦は、矢倉、角換わり、横歩取り、相掛かり、の四つが主流な戦法で、その他は力戦的な相居飛車と分類されてきた。ところが最近になって第五の有力な形が盛んに指され始めているのだ。それが本局の図にも表れている6七銀(4三銀)型という新しい陣形である。

 雁木(がんぎ)戦法と少し似た格好をしているが、右銀は5七に限らず柔軟に動く。この「片雁木」とでも呼びたくなる布陣が最近の相居飛車戦では有力と見られて盛んに指されるようになってきている。これはコンピューター将棋ソフトが好んで指す陣形でもあり、その有効さに人間が気づいたと言ってもいいかもしれない。人一倍研究熱心な深浦が、この戦型に興味がなかろうはずがない。深浦の初手は圧倒的に[先]7六歩が多いが、本…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文830文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集